月の歌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

青い砂浜で




寒くて 鮮やかな夜空に捧げる歌を聴いて

耳を澄ませて



三角 三角  六角形の雪の結晶探して





きっとその中のどこかに 私がいるから





指を切ったプリント 赤く滲んで
美しい模様を作る





通った鼻すじ 綺麗な横顔




長いまつげから

繊細な音楽が流れてくるようで




うっとりと首を傾けた





冷たい海に打ち上げられて 泣いている


あなたは 美しい




黄金色に輝く月が 柔らかな髪をさらっては
返す





足跡はかすかな鈴の音

吐息は



白い薔薇の香り



青く 音を吸い込む
砂浜は何処までも 続いてゆく



細い片腕で サンダルぶら下げて




あなたは歩んでゆく



ラベンダー色の影が

淡く伸びる




さわさわと木の葉の囁きが

オカリナの音色が



聞こえる












スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。