月の歌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

夕陽色のラブレター

誰とも 

約束など出来ない


ただ“無”が寂しいから



砂の上
何度も あなたの名を描く



何か確かなカタチで繋ぎとめたくて

それが
どんなに愚かでみっともなくとも



人は
何度でも約束を交わすのだろう



そして
ある時


砂の城が崩れ去ったことを知る


儚く 残酷な形で




紙は燃えあがり
灰に変わる


言葉は温もりを失くす



笑顔はモノクロの写真の中



夕焼けは胸を焼きつくす

悲しみは
雨のように冷たく降り注ぐ




だから
大切なあなたとは


約束しないよ



そのいつかが怖いから




馬鹿みたいだけれど どうか許してね




ありがとう ありがとう

あなたに出逢えたこと



ありがとう ありがとう


届かなくてもいい



これは勝手な私の最後のラブレター





夕陽に染まったオレンジ色の愛の言葉




スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。