月の歌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

黒蝶


 刀から垂れる血を

 愛しながら



 優しい夢をみる



 
 甘く 誰もが悲しまない

 そんな物語を



 求めてる



 
 闇夜で目を光らせる獣のように

 残酷でありながら



 
 誰もが笑顔でいられる

 幸福な物語を


 
 期待してる




 自分で拒絶しながら

 人の愛を求める




 遠くから

 そっと見つめていれば


 傷つかないことを知ってるから




 明るい光を羨みながら

 薄暗い闇を愛する




 美しい花を見れば

 手折りたくなる愚かさよ



 
 心に巣喰う鬼


 
 お前の目には

 何が映る



 
 過去の幽霊たち




 おいで おいでと

 手招きをする



 
 たくさんの白い手が



 もし 振り向いたら
 奈落の底に落ちるのだと




 分かっているのに




 
 舞い踊る
 地獄の使い


 裂けた紅唇で笑む



 

 揺らめく黒い衣は
 
 蝶のよう

 

 瞳で燃ゆる罪の炎よ



 赤い月


 冷たく光を放ち



 
 黒い闇に呑みこまれてく







 


 


 
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。