月の歌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

*神さま**



 
 むかしむかし

 人々の心に たくさん神さまがいた頃


 人はもっと
 笑っていたのかな


 自然の恵みに


 
 雨に 太陽に  月に

 魚に


 草花に



 全ての“命”を持つ存在に



 神さまを感じていた頃



 一日の終わりに

 祈りを捧げていた頃



 心は感謝で満ちていたのかもしれない




 今を生きる私たちは

 
 空を汚して
 星が遠く見えなくなってしまったように



 何か 

 大切なことを忘れていきつつあるのかもしれない



 周りを見渡せば

 たくさんの神さまがいるのに



 人々の魂を支えている存在は

 信じられる存在は



 何処にいってしまったのだろう




 



 



 


 
コメント

日本には古来からたくさんの神さまがいました。
生けとし生けるものすべてに…。


魚や肉、スーパーでなんでも手にはいってしまう時代に、私たちは何か大切なことを忘れていきつつある気がします。つい忘れてしまいがちだけれど、私達は生かされていることを忘れてはいけない、そう思いました。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。